メニュー
↓折りたたみ・クリックで開きます。


▼ 全記事表示


リンク

*エロゲー攻略など

GameLeader(相互)
愚者の館
【18禁】ギャルゲーゲーム・攻略ブログ・ランキング

*エロゲームブランド

公式サイト一覧
(*感想を書いたエロゲーの製作・販売元のサイト)
作品取り扱いサイト
ダイレクト特集ページ用バナー(ダウンロード版)

同人ダウンロードショップ DiGiket.com 一般向月間ランキング
RSSリンクの表示

スポンサーサイト


このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初彼女がクズチャラ男に犯られたお!【ホントノキモチ】


このエントリーをはてなブックマークに追加
JK学園性春白書~仮面優等生「美雪」~
才色兼備、誰から見ても理想の優等生の委員長。
だが実はそれは全て演技だった。
それを知った俺(主人公)は彼女とある取引を、なマルチエンディングアドベンチャー。
ホントノキモチ1
【ブランド】
人生通行止め
【ジャンル】
・寝取られADV
【エロシーン】
・静止画
【備考】
・マルチエンディング
・ヒロインフルボイス
【リリース】
・2015/2(DL版配信)



【属性・ネタバレアリ】
・NTR(寝取られ) ・巨乳 ・女子校生 ・ツンデレ ・制服(ファミレス)
・処女喪失 ・異物挿入 ・アナルセックス ・オナニー ・フェラ
・パイズリ ・中出し ・腹ボテ ・4P(男3・女1) ・複数プレイ

  *つづきに多少のネタバレをふくみます。ご注意を。


【登場人物】

・三谷 十弥 主人公(プレイヤー)

彼女いない歴=年齢の、ごく普通の大学生(二年)。
女目当てでファミレス「ロイヤルキャスト」でバイトを始め、あかりと付き合うことになる。

・天宮 あかり(ヒロイン)

処女、巨乳の僕っ子女子校生。ロイヤルキャストでウェイトレスをしている。
十弥に対してツンデレというか、ひどい態度をとっていたがわりと速攻デレる。
ダンサーになるためダンススクールにも通っている。

・伴藤 省吾(寝取り男)

見た目はチャラく、中身は鬼畜な巨根。
直接面識はなかったが、十弥の高校時代の先輩で、その頃から女癖が悪い。
女を落とすためには卑怯な手段も使う策士。
外見のチャラさと裏腹にケンカも強い。

・木崎(十弥の友達)

十弥の昔からの悪友で、わりと適当な男だが、熱いアドバイスをくれたりする。

【大体の流れ(途中まで)】

・十弥、あかりと初遭遇。→トラブルにより、あかりに嫌われる。

・十弥、ロイヤルキャストでのバイト初日。→あかりと再び遭遇。

・あかりにひどい態度をとられつつ日々が過ぎる。

・ある事をきっかけに、あかりデレる。→なんやかんやで付き合うことに。

・ただしバイト先では、付き合ってることは秘密にする事に。

・伴藤がロイヤルキャストのバイトになる。→あかりに目をつける。→しつこくせまる日々。

・あかりの伴藤に対する怒りはどんどん増していく。

・伴藤の卑怯な策により、十弥とあかりの関係に変化が。

・寝取られの日々がはじまる。

と、ざっと書くとこんな感じで、NTRモノとしては王道な流れと思うかもしれない。

わりと最近のNTRモノは、ヒロインが堕ちるまでが早いのだが、これは十弥とあかりの出逢い、そして付き合うまでの過程がかなり長く描写され、プレイヤーがヒロインを愛おしく思えてきた頃、どん底に落とされるのだ。

寝取られの本質、それは『愛する』彼女(あるいは妻)が、他の男に犯られる事に興奮する事だ。
この『愛する』の部分が重要で、別に愛していない女が他の男とするのはNTRではない。

そう考えると、最近溢れているNTRには『ヒロインに感情移入する前に寝取られてしまう』ものが多い気がするのだ。

話はちょっとそれるが、僕がKISSの『××な彼女のつくりかた2』(←感想記事にとびます)のように、『カスタム物の寝取らせ』を好きなのは、ヒロインが(最初から)自分好みだからだろう。
まあ『××な~』の純愛シナリオ部分については物申したい部分がないとは言えないが、それを払拭するのがヒロイン(キャラ)愛なのだ。
アニメなどの二次創作エロゲ(あるいは漫画)も、そのヒロイン(もしくはヒーロー)が好きだからプレイするのではなかろうか。
全く知らないキャラのやつでも抜けるのはあるが、それはまた別の話。

と、話を戻すと、この『ホントノキモチ』はヒロインあかりという人物を、プレイヤーにしっかり認識させるように上手く作られているのではないかと。

ゲームの最初からルートが二つあり、『十弥視点のみモード』と『十弥&あかり視点』を選べる。
作者も推奨しているが、初プレイ時はぜひ、前者の『十弥のみモード』から始めるべきだ。

このモードは最後のほうにしかエロシーンは出てこない。
冒頭の「大体の流れ」に書いてあるように、十弥とあかりのいわば純愛モードがメインで、終盤あたりからあかりの様子がおかしくなり、明らかに寝取られているなと想像させるのだが、そこにはエロシーンは出てこない。

プレイヤーはあかりがどんどん堕ちていく様子を感じるのだが、十弥の視点では最後の最後まで寝取られに気づかないのだ。
そして(ゲーム内)初のエロシーンが『すっかり肉奴隷に堕ちたあかりの姿』なのである。

「なぜ、いつの間にあかりはこうなってしまったのか?」が『十弥&あかり視点』のモードで解明される、という構成だ。

こちらのモードは、基本の十弥視点の途中途中に「あかり視点」が挿入され、伴藤による処女喪失から始まり、肉奴隷に堕ちるまで、そして十弥モードのエンディングの続き、真エンドが見れる。

真エンドあたりについては本当のネタバレになるので書かない、というか、この部分を書いてしまうと、せっかくのじわじわ焦らしという構成にした作者の意向に背く、&初見の皆さんが味わう喪失感を奪うと思うので書けないのです。
これは、ぜひ実際にプレイして感じてほしいところ。

後、寝取り男の伴藤が、クズのチャラ男というのも個人的には好きなシチュエーションだ。
これはそれぞれ好みがあると思うんだけど、寝取り男は「デブオヤジ」や「キモオタ(おれら)」など、いわゆるキモイやつのほうが興奮するという人も多いだろう。
しかし僕は、チャラ男やイケメンのクズ男に寝取られるほうが好きなのだ。
さらに、行きずりの見ず知らずの男よりも、顔見知り、たとえばヒロインの同級生相手とかだと、より興奮する。
全然関係ない話で申し訳ないが。

と、長々と良点ばかり書いてしまったが、まったく不満がないという訳ではない。
内容は今まで書いたとおり、そして絵もきれいで可愛く、なかなかエロい。

だが、今までの感想と矛盾する部分があるんだけど、あかりの堕ち方にちょっと疑問を感じなくもなかった。
あまりネタバレしない程度に書くと、「騙され&流されて喪失」みたいな感じなんだけど、そこはもうちょっと違う描写のほうが良かったなあと。
個人的好みの問題ではあるんだけど、心底嫌っていた伴藤に、わりと簡単に奪われるというのがちょっと残念だったかも。
ただ、レイプではなく、「流され」という部分は良かった。

まとめとして、すぐ抜きたい人にはお勧めしないけど、じっくり、じわじわとしたNTRを楽しみたい方には良いかと。

やるかやらないかは貴方次第です! m9(・∀・)ビシッ!!

*ホントノキモチ(DL版のみ)









関連記事
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

tag : 巨乳 アナル 複数プレイ(3P以上) 異物挿入 処女(喪失) 寝取り寝取られ

テーマ : 同人コミック・同人ソフト
ジャンル : アダルト



  • 2015-02-24 : 寝取り寝取られ(人妻含む) コメント : 0 : トラックバック 0
  • コメントの投稿

    非公開コメント

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。