ゴメン!ゴム破れてたー!ワハハー! 【ナンパ生ハメ 中出し万歳4】

0 0
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナンパ生ハメ 中出し万歳4

三人の女の子をナンパして中出しするぞ!なアドベンチャーシリーズの第四弾。
誘いにホイホイついて来るナオンは、人妻だろうが彼氏持ちだろうが構わず喰っちまうぜ!


ナンパ生ハメ中出し万歳4
【ブランド】
・U・Me SOFT
【ジャンル】
ナンパGo!Go!アドベンチャ
【エロシーン】
・静止画
【備考】
・マルチエンディング
・ヒロインボイス
【リリース】
・2011.8

【属性・ネタバレアリ】
・寝取り寝取られ・巨乳・OL・人妻・他人の彼女
・中出し・ぶっかけ・ナンパ・シックスナイン・フェラ
・ニーソックス・おもらし・処女喪失


*続きに多少ネタバレ含みますのでご注意を。


【あらすじと流れ】

・主人公が街でナンパ→目ぼしい女の子に声をかける。
・ナンパトーク(選択肢)→女の子GET!
・ホテルでエロス。→中出し。
・「終わったらさっさと帰れよ」的な態度。

【登場人物】

・樋口賢介(プレイヤー)
ナンパを愛しナンパに生きる男。

・芝草 茉莉花(しばくさ まりか)
OL。クールな外見とそっけない態度だが、実は男慣れしていない。処女。

・岩本 亜樹子(いわもと あきこ)
二児の巨乳人妻。清楚な感じで、家庭にも不満なく幸せな生活を送っているのだが、、、

・金石 菜々美(かねいし ななみ)
いまどきの女の子って感じの子。彼氏持ちだが喧嘩中。そこをつけこまれてナンパされる。


簡単に言うとオーソドックスなタイプの選択肢アドベンチャー。
これはシリーズの4だけど、僕は1~3はやった事がない。シックスナインがあるという事で購入してみました。
それと、寝撮り寝取られという事もあったので。

朝っぱら、というか午前中くらいからナンパに励み、ターゲットの女の子が現れるのを待つ(選択肢で変動)
お目当ての女の子が登場したらいよいよナンパ開始(ナンパトーク)だ!
女の子との会話時に3つ程の選択肢の中からベストの答えを選び、うまくいったらエロシーン突入。
会話内容は三人の女の子それぞれのタイプ(性格)によって変わる。

某とき○きメモリアルのように、とにかく褒めちぎれ! という訳でもない。
あまりわざとらしくしてもダメだったり、笑いをとらなくてはいけない時も、相手の性格によってツボが違ったりするので、それなりに考える必要がある。
だが、お助けというか、ヒント的な(主人公の)独り言があるので、さほど難しくはない。
ただ、行動時間が限られているので、あまり一人に時間をかけすぎたらその日が終了してしまい、落とせる人数が減るという訳だ。

女の子が登場してからの立ち絵が面白く、最初はちゃんと服を着ているんだけど、会話しているうちにどんどん服が薄くなっていき、乳首などがうっすらと見えてくる。多分視姦をイメージしているのかも。
絵的には可愛らしくけっこう質感もあるので僕は好きだけど、表情が変わったりするときにはいるノイズ(?)が気になるといえば気になるかも。
多分わざとそうしているんだろうし、それが効果的なところもあるんだけど、個人的にはそこはあまり好きじゃなかった。
でも、先ほど書いたとおり、肌のねっとりとした質感や、アングルの変化などはなかなかエロくて良かったかも。

ヒロインは三人いて、それぞれの特徴は上の登場人物紹介に書いたとおり。
僕は彼氏持ちの菜々美ちゃんがお気に入りで最初のターゲットにした。
寝取り寝取られも色々なシチュエーションがあり、大抵は人妻系が王道で、もちろん僕もそれは大好きだ。
しかし、最近は完全な妻よりも『彼氏持ちの彼女の浮気』のほうが興奮するようになったきた。
人妻のほうが寝取り寝取られ度は高いんだけど、『あまり経験の少ない彼女が寝取られる』という感じのほうが汚され度が増幅されるような気がしてならないのだ。
じゃあ『経験の少ない若妻ならベストじゃん』という訳でもないんだけれど。

ちょっと話は逸れたけれど、菜々美ちゃんはそのシチュエーションに加えて、シックスナイン+ニーソという美味しいシーンがあるのでお気に入りという訳です。

全体のエロシーンとしては、さほど過激なプレイはないが、いきなりの本番シーンとかではなく徐々に服を脱がしていくような感じなので、焦らし感が好きな人には美味しいと思うが、逆に陵辱系などがないとイヤな人には物足りないかも。
どうせならもっと鬼畜的なプレイをしてくれれば良かった気がする。

まとめとしては、エロ本とかに載っている『ナンパハメ撮り記事』みたいのが好きな人向け、と行ったところでしょうか。

やるかやらないかは貴方次第です! m9(・∀・)ビシッ!!

*ナンパ生ハメ 中出し万歳4 (DL版)

*(パッケージ版)
関連記事
ページトップ